川口市青木で接骨院をお探しなら、西川口駅の「中川接骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。鍼・テーピング・足EX、全身のこり・痛み、鍼治療、腰部の治療、股関節のストレッチ、矯正 首等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

ランナーに多い足底筋膜炎!

2018年10月17日

最近、ランニングをされている方で足の裏の痛みを訴える方が増えてきています。

その中で「足底筋膜炎」という症状を紹介します。

 

①動き始めの一歩目が痛い

②歩く、走ると足の裏やかかとが痛くなってくる

③足が地面に着く瞬間、または離れる瞬間が痛い

④ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる

⑤足の裏がしびれてくる感じがする

⑥常に足の裏や指の付け根が痛い、違和感を感じる

⑦足の裏を押すと痛い場所がある

以上の症状にひとつでもあてはまれば、足底筋膜炎の可能性があります。

 

 


そこで、原因と痛みを和らげる方法を

いくつかご紹介したいと思います。
*靴が合っていない

足底に余計な力が加わっていたり、圧迫していることで足が疲れてしまっている。

→→インソールなどを使うことでクッションの役割や、滑り防止になり余計な力を軽減できます。もしくは、クッション性の高い靴に変えてみるのもいいでしょう。

*偏平足

先天的・筋力の低下・怪我などにより起こることです。
足裏のアーチ部分は、足にかかる衝撃を緩和する役目があります。

足のアーチがない為に、足裏全体に負担がかかり足底筋膜炎になりやすくなります。
→→土踏まず部分が厚いインソールを敷くことで疲れを軽減させます。

*足の関節が固い

歩いたり走ったりする時に足首の関節を使うため、関節が固いと衝撃を吸収する働きが悪くなり、足裏が負担となって痛みやすくなる。

→→足首を回したり、ストレッチなどで柔らかくしましょう。

*年齢による筋肉の衰え

筋力が衰えてしまうと扁平足になってしまったり、股関節・膝関節・足首の柔軟性が低下し、負担となり、足裏や関節に痛みが出てしまう。

*肥満ぎみ

肥満気味の方は、体重が重いために足裏に負担がかかり痛みが出ることがあります。

→→クッション性のある靴や、衝撃を吸収するマラソン用の靴を選ぶ。

足底筋膜炎になると、朝起きて歩く時に激痛が走ります。
ひどい時は歩けなくなるくらいの痛みがでますので普段からストレッチや食生活、生活習慣を日頃から気をつけましょう。

 


Copyright © 2019 川口 接骨院 川口市青木の中川接骨院 All rights reserved.