川口市青木で接骨院をお探しなら、西川口駅の「中川接骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。鍼・テーピング・足EX、全身のこり・痛み、鍼治療、腰部の治療、股関節のストレッチ、矯正 首等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

膝が痛い

2019年04月23日

こんにちは。今回は膝の痛みについてお伝えしていきます。

膝の中でも異なる3つの傷病についてです。

①鵞足炎

②腸脛靭帯炎

③ジャンパー膝

関節痛のイラスト(ひざ)

 

鵞足とは

膝の下の内側、脛骨(すねの骨)の上部に

3つの筋肉が付着している部分であり膝の内側の補強をしています。

この鵞足の部分に炎症が起こることを鵞足炎といいます。

陸上競技者やサッカー選手に多く

膝の内側の靭帯との摩擦やオーバーユースによる筋の緊張によって痛みが誘発されます。

急な長距離のランニング、ウォーミングアップ不足、坂道や、アスファルトでのトレーニング

などが原因にあげられます。

 

腸脛靭帯とは骨盤の骨から膝の下まであり、主に太ももの外側を補強している靭帯です。

ここに炎症が起きると腸脛靭帯炎になります。

腸脛靭帯炎は、オーバーユースにより腸脛靭帯と太ももの骨の下部との摩擦で炎症が起こります。

ランニングや膝の屈伸が多く繰り返される動作によって発症します。

 

ジャンパー膝とはその名の通りジャンプの頻回に繰り返すスポーツ選手に多く見られる

スポーツ障害であり、膝の下部に痛みを生じる。

急な加速や減速、ジャンプ、着地などの繰り返し動作により

膝に過度な張力が加わり発生する。

バレーボール、バスケットボールなどの跳躍を多用する種目で多くみられます。

 

その他、歩いていて膝がカクっとなる。

膝の中が痛い。不安定に感じる。何かすることに対して膝がこわい。

なんとなく膝が痛いなど。

 

治療は、それぞれメインになる筋肉が違うので

症状に応じた筋肉をほぐし、温熱療法、アイシング、ストレッチを

していき、スポーツの際の注意事項や日常生活の動作などの説明をします。

どれも早めからの治療が重要です。

当院にお越しください!!

 

 

 

 


Copyright © 2019 川口 接骨院 川口市青木の中川接骨院 All rights reserved.