川口市青木で接骨院をお探しなら、西川口駅の「川口中川接骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。鍼・テーピング・足EX、全身のこり・痛み、鍼治療、腰部の治療、股関節のストレッチ、矯正 首等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

banner

肘内障

2016年02月08日

少児の特に2~4歳くらいの幼児に多く、
俗にいう「肘が抜けた状態です。」

これを【肘内障】と言います。

原因は、
手を急に引っ張ったり
ひねったりした時に起こり
突然痛がって泣き出します。
場合によっては、寝返りによっても起こります。
image

症状は、
痛い方の腕は、ぶらんと下ろしたままで、手を使ったり動かしたりしません。

外見上は腫れたり変形はほとんどなく、痛みの部位もはっきりしないことが多いです。

特にちょっとでも手を上げさせたり、手首を捻ると痛がって泣きます。

これは、肘の関節の橈骨(とうこつ)という骨の頭の部分が輪状靭帯という靭帯から外れかかった(亜脱臼)為に起こる症状です。
image

それから気を付けて頂きたいことがもうひとつ。
それが、
鎖骨と肘の骨折です。

肘内障だと思ったら、実は骨折なんてこともあります。
その鑑別が非常に大事になってきます。

まず、先ほど伝えたようにどのような原因で起きたのか?
また、転倒したなどがあり、手のひらの傷や肘、肩の傷や汚れなど無いかなどを診ていく必要もあります。
子供はとにかく痛くて泣くだけで、まだ伝えられない事も多いです。

でも、安心してください。

当院ですぐに鑑別出来ますし、肘内障と分かればその場で整復も出来、
すぐに動かせるようになります。

が、繰り返し起こりやすいのも肘内障の特徴です。
次の日にまた来院された子も実際いました。
子供が小学生になるくらいまでは気をつけて下さいね。



Copyright © 2022 川口 接骨院 川口市青木の川口中川接骨院 All rights reserved.