川口市青木で接骨院をお探しなら、西川口駅の「中川接骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。鍼・テーピング・足EX、全身のこり・痛み、鍼治療、腰部の治療、股関節のストレッチ、矯正 首等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

院長ブログ

肩・首がツラい方必見!!

2019年05月23日

こんにちは川合です!

今回は首、肩が凝って仕方ない!!

首、肩の動きが悪く、可動域を広げたい!!

などの方におすすめな治療の紹介です(*^_^*)

 

普段、お仕事で同じ姿勢が多くて首や肩を動かさず

凝ってしまう。

筋肉が張って、動かしずらくて

その分目を動かしてしまい、目が疲れる。

単に凝ってる、張ってるだけでなく

試合や大会、イベントの参加に向けての身体の改善、パフォーマンスアップしたいなどでお悩みの方に

かなり効果的な治療です!

つまり、とても多くの人に効果が得られて、スッキリします。

 

①まず、肩・首・背中の大きい筋肉、細かい筋肉、深くにある筋肉を分けて

ご自身の痛みやダルさ、動かしずらさの原因となるポイントをしっかりとほぐします。

 

②次に肩甲骨自体を動かして肩回りの動きを良くします。

肩甲骨の動きが良くなる事で、肩甲骨が引きやすくなり、また腕が挙げやすくなります。

 

③最後に首または背中の矯正(カイロプラクティック)をします。

首、背中の矯正をすることによって、筋肉を緩めるだけよりも、可動域が広がる

また関節の調整をすることになるので、治療効果が持続します!!

 

ぜひこの治療を受けてみませんか?

ツライ身体を改善させましょう!!

 


その頭痛はどんな痛みですか?

2019年05月20日

こんにちは中田です!(^^)!

 

今日は頭痛の治療についての内容です。

 

私が頭痛の患者さんがいらっしゃた時にまず

「どんな痛みですか?」ときくのですが、

 

ズキズキやジーン、ガーンと痛い、目の奥が痛い、

この辺が痛い、頭が重い、スッキリしない、、

 

だいたいの方が当てはまると思います。

 

しかしこの患者さんの訴えの違いで治療の仕方が大きく変わります。

 

 

例えば

ズキズキ痛む方は血管の拡張が原因なので

血管の拡張が収まるような治療。

 

 

目の奥が痛い方は眼精疲労と首が原因なので

そこに対しての治療。

 

 

頭が重いのであれば気圧の変化などによる

血流不足が考えられるので、首、肩、背中周りの

筋肉をほぐし、血流を促します。

 

この様に頭痛とは患者さん1人1人で症状と治療の仕方が

かなり違ってきます。

 

頭痛の治療は患者さんのお話をしっかりと聴くところから

始まります。

 

 

病院で原因がわからない、薬を飲んでも収まらない

という方はぜひ一度当院にご相談下さい。

 

 

頭痛治療3000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ママさんに多い腱鞘炎!

2019年05月14日

腱鞘炎とは、手首に繰り返し掛かる負担の積み重ねにより起こる症状です

特に20代、50代の女性に多い手の腱鞘炎を「ドゥケルバン腱鞘炎」と呼ばれます。

例として
:手が動きづらい

:痛みは感じ無いが手首が腫れる

:手首を使う作業やパソコン仕事をすると手首がだるく感じる

:指などを動かすと関節に違和感を感じる
などがの症状が先に出てきます

 

 

 

 

さらに症状が重くなると

1.物を持つと痛む

2.手に力が入りにくい

3.動かすと痛い

4.雑巾が絞れない
などの症状が出てきます。

 

〜主な原因〜

・育児

・デスクワーク

・家事全般

・最近ではスマホを使う子供達まで!!

☆治療☆

前腕の筋肉からほぐしていきます!

痛みの強い急性期の場合はアイシング、

落ち着いてきた慢性期には温めて行く事が大切です。

判断が難しい場合は、当院にご相談下さい。


膝が痛い 2

2019年05月07日

 

今回は膝の痛みについて紹介します。

 

膝の痛みと言ってもいろいろあります。

膝蓋骨(膝の骨)が痛い、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い。

今回は膝の内側に出る痛みについてです。

 

膝の内側に出る多くの痛みは、ぶつけた。捻った。などの原因が思い当たらない場合は

変形性膝関節症が予測されます。

 

変形性膝関節症とは、軟骨の変性、摩耗による荒廃、軟骨・骨の新生と増殖によって

特徴づけられる慢性、進行性の変形性関節症です。

関節痛のイラスト(ひざ)

 

30代後半~60代の女性に多く見られます。

症状としては、初期には炎症症状→痛み、腫れ、熱感、発赤がみられることもあります。

また初動作痛、階段の昇降(特に降りるとき)

寒冷または湿潤な時期に症状が悪化。

 

このような症状があてはまる場合はすぐに治療しましょう。

当院では、低周波の電気治療をして痛みの緩和をさせ

状態を確認して、温罨法、冷罨法します。

それから、痛みによる歩行で負担のかかる筋肉をほぐし

症状を悪化させないため、膝周りの筋肉のトレーニングや使い方をお伝えしていきます。

 

 

 


その頭痛、ただの頭痛?

2019年04月26日

こんにちは中田です!(^^)!

 

「ボーンチャンネル」の動画を更新しました!

 

今回のテーマは「頭痛」です。

 

頭痛は大まかに「筋緊張性頭痛」と「病的頭痛」に

分けられます。

 

その違いと処置の仕方を簡単にまとめました。

 


膝が痛い

2019年04月23日

こんにちは。今回は膝の痛みについてお伝えしていきます。

膝の中でも異なる3つの傷病についてです。

①鵞足炎

②腸脛靭帯炎

③ジャンパー膝

関節痛のイラスト(ひざ)

 

鵞足とは

膝の下の内側、脛骨(すねの骨)の上部に

3つの筋肉が付着している部分であり膝の内側の補強をしています。

この鵞足の部分に炎症が起こることを鵞足炎といいます。

陸上競技者やサッカー選手に多く

膝の内側の靭帯との摩擦やオーバーユースによる筋の緊張によって痛みが誘発されます。

急な長距離のランニング、ウォーミングアップ不足、坂道や、アスファルトでのトレーニング

などが原因にあげられます。

 

腸脛靭帯とは骨盤の骨から膝の下まであり、主に太ももの外側を補強している靭帯です。

ここに炎症が起きると腸脛靭帯炎になります。

腸脛靭帯炎は、オーバーユースにより腸脛靭帯と太ももの骨の下部との摩擦で炎症が起こります。

ランニングや膝の屈伸が多く繰り返される動作によって発症します。

 

ジャンパー膝とはその名の通りジャンプの頻回に繰り返すスポーツ選手に多く見られる

スポーツ障害であり、膝の下部に痛みを生じる。

急な加速や減速、ジャンプ、着地などの繰り返し動作により

膝に過度な張力が加わり発生する。

バレーボール、バスケットボールなどの跳躍を多用する種目で多くみられます。

 

その他、歩いていて膝がカクっとなる。

膝の中が痛い。不安定に感じる。何かすることに対して膝がこわい。

なんとなく膝が痛いなど。

 

治療は、それぞれメインになる筋肉が違うので

症状に応じた筋肉をほぐし、温熱療法、アイシング、ストレッチを

していき、スポーツの際の注意事項や日常生活の動作などの説明をします。

どれも早めからの治療が重要です。

当院にお越しください!!

 

 

 

 


四十肩の見分け方

2019年04月15日

こんにちは中田です。

 

みなさん一度は耳にしたことがある

四十肩(五十肩)ですが、

よく患者さんから「腕をあげると肩が痛いんだけど四十肩かな?」

と聞かれることがあります。

 

 

 

いいえ、違うんです!!

 

そもそも本当の四十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、

肩の関節が何らかの原因で変性し腕が上がらなくなってしまいます。

 

 

じゃあどうやって判断するの?

簡単です!

 

腕を持ってもらい90度まで上まであがるかどうかです

 

あがれば筋肉の損傷からきている可能性が

高いので、接骨院で治療することで改善できます。

 

腕があがらくなったらまず

このセルフチェックを行ってみてくださいね!(^^)!

 

 

 


4月の頭痛

2019年04月09日

こんにちは中田です。

最近寒暖の差と気圧の変化で頭痛や頭がぼーとするなど

症状を訴える方がふえてきています。

 

 

そもそも頭痛とは大まかに筋緊張性頭痛と片頭痛に分けられます。

 

 

当院では主に筋緊張性頭痛について治療を行っています。

 

 

筋緊張性頭痛とは肩、首、背中、頭の筋肉が固まってしまい、

頭に十分な血液が行かなくなり、

酸欠をおこすことでなります。

 

 

当院では患者さんのお話を伺い原因となる筋肉の治療と

根本になる頭蓋骨の調整を行い、

頭痛の改善をしていきます。

 

 

↑ SOT(頭痛治療)の様子

 


腰・腰・腰!

2019年03月15日

突然ですが!腰!!大丈夫ですか!?

 

 

こんにちは中田です。

 

最近、暖かく春めいて

 

動きやすくなってきましたね!(^^)!

 

 

 

油断してませんか?

 

 

 

ここ最近ギックリ腰の症状を訴える方が増えてきています!

 

 

月平均で倍近い(※当社比調べ)患者数なんです!!

 

 

 

季節の変わり目もありますが、

 

この間まで寒くて固くなってた腰を

 

急激に動かしたり、

 

予兆があるのに暖かくなってきたから大丈夫’’だろう

 

あなたの腰の命取りになりますよ?

 

 

 

 

ギックリ腰は適切に処置すれば2~3日で日常生活

 

にもどれるようになります。

 

我慢せずにいらして下さいね♪


夜中、足がつる、、、

2018年11月15日

こんにちは中田です( ゚Д゚)

最近、夜中に足(ふともも、ふくらはぎ、すね、足の裏)がつる患者さんが急増してます!!

 

 

  そもそも足がつる、こむら返りとは?

 

筋肉が急激に収縮(縮む)してしまい、伸びなくなってしまう症状のことをいいます。

 

 

 

  なにが原因??

 

原因としていくつかあげられますが主に、、

★冷えからくる血流不全

 

★筋肉疲労やオーバーユース

 

★水分(ミネラル)不足

 

とくにこの時期は朝晩の寒さによる、足の冷えが

多いんです!

 

 どうしたらいいの???

★就寝の約1時間前に38~40℃のぬるめのお湯で10~15分程ゆっくりつかり、

身体全体を温める。

 

★頻繁につる部位のストレッチ

 

★就寝の直前にコップ一杯のスポーツドリンクを飲む(ミネラル分の補給)

 

★当院での治療で足全体をほぐす事で冷え、筋肉疲労の改善を

することもできます。

又つってしまった時の対処方やストレッチも教えることができます。

 

 


« Older Entries
Copyright © 2019 川口 接骨院 川口市青木の中川接骨院 All rights reserved.