川口市青木で接骨院をお探しなら、西川口駅の「川口中川接骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。鍼・テーピング・足EX、全身のこり・痛み、鍼治療、腰部の治療、股関節のストレッチ、矯正 首等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

banner

足首を「グキッ」と捻ってしまったら

2019年11月26日

 

こんにちは川合です!

今日は、みなさん1度は経験したことがあるかもしれない

段差につまづいて捻ったり

ジャンプの着地で捻ったりする事が多い

足首の捻挫について紹介します(*^^*)!

 

 

【足関節捻挫とは】

 

サッカーやバスケットボール、バレーボールなどのスポーツ中に起こりやすく、足首を内返しや外返しに捻り靭帯や関節を包む関節包を痛める怪我の事です。

 

捻挫の多くは、関節の構造上足首を内側に捻る内反捻挫(つま先が内側を向き捻る状態)になる事が多くなります。

内反捻挫によって痛めやすいのが外くるぶし(外果)の先端の前距腓靭帯を損傷することが多く、くるぶしを押して痛い、くるぶしの周りが腫れてくる場合は靭帯に牽引されて裂離骨折を起こしていることがあります。

前距腓靭帯に次いで痛めやすいのが、踵腓靭帯、後距腓靱帯です。

また、靭帯の損傷程度によって重症度が分かれます。

1度損傷⇒靭帯が伸びる

2度損傷⇒靭帯の一部が切れる

3損傷⇒靭帯が完全に切れる

 

「足関節捻挫」の画像検索結果

 

【緊急処置】

受傷時はRICEが重要です。

R(安静)I(アイシング)C(固定)E(挙上)⇒挙上は心臓より高く上げて腫れを防ぐ

 

【治療】

骨折の有無を鑑別をし、アイシングで炎症を抑えます。

それから、捻挫をすることによって負担のかかる筋肉をほぐし

テーピング、包帯を使って固定し

できるだけ、生活の負担にならないように、スポーツで動きやすいように固定します。

 

※3度損傷の場合はプライトンという固定材料を使って固定します。

スポーツ、競技復帰にかかる期間は、

1度損傷は約1週間

2度損傷は約2~3週間

3度損傷は約2ヵ月

この期間は回復状況によって前後します。

捻挫は早期の治療がとても大切です。

  

捻挫はしっかり治療をしないと腫れや痛みが残ってしまうことがあります。

また、足関節だけでなく指【突き指】や手首の捻挫等も当院で治療可能です!!



Copyright © 2022 川口 接骨院 川口市青木の川口中川接骨院 All rights reserved.